妻が孤独にならないよう、夫婦力を合わせて子供を育てます!

分娩は、妻の実家の近くの産婦人科でしたのですが妻が神経過敏になっていて怒りっぽくて困難でした。
興奮させないように意思をつぎ込みました。
私も驚きのですが、今の産婦人科は宿屋という器機で個室だ。
ごはんも産婦人科に料理師様がいて産婦の希望の物を作ってくれる。
産婦は、採り入れることも仕事なのです。
エクセレント食堂というお料理だ。
陣痛が始まったので産室へ転居しました。

私の父兄も妻の父兄も駆けつけて産室の外における詰め所で分娩を待っていました。
やにわに大きなTVに改造が入って分娩の外観が映し出されました。
びっくりしました。
そうしてしばらくすると生まれたばかりのベビーが思えました。
先々15当たりほどしたら助産婦様がベビーを抱いてガラス越しに私たちに見せてくれました。
リラックスでした。

こちらは懸命に映像を撮りました。
一家は衝撃で大騒ぎだ。
私のお父さんや母も、そして妻の父兄もそういった器機の産婦人科は、いよいよなので盛り上がり冷めやらぬ様子です。
先々妻がベッドに載せられて私たちの手前を通りました。
安心した外観でした。
全部可愛らしく頑張ったとほめていました。

分娩は、レディースの戦と言われますが果たしてその通りだと思いました。
ベビーは、保育入れ物の中で味方を動かしているのが見える。
泣いていらっしゃる音声も聞こえます。
どうにか困難養育が始まります。
私も男性として頑張らないといけません。

妻が単独にならないようにきちんと養育も協力する真意だ。
当たり前のことですが、カップル力を合わせてお子様を育てます。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です