何回お産を経験しても慣れるものではない

二男の懐妊・お産はマジ苦労しました。長男の時によって記載といった実例もあり最初は呑気に構えていましたが、長男の時はアパートが違っていた結果、公園で知り合ったお母さん後押しに産婦人科のデータを得て産院を選びました。
産院自体は自宅から必ずしも遠くなく家屋や装置も割と新しく教官や係員の方々の気配も良かったのですが、2~3回伺ううちに長男の時にはなかったウェイト増しにおいていわれ、2周囲なのでお産までのウェイト増しは6間隔ほどまで…と指導があり、食事音量を控えるようになりました。その影響で便秘が凄く力まないと排泄できなくなり、その為早産・流産しかけ、お産前に2回入院をしました。新年をはさんです年末年始を病院で迎えた悲しさ・それまで経験のない導尿やベッドときの排泄位、こうした厳しいマタニティライフがあるのか…と思ったものです。また退院後は常に腹部がはり易いので安静に、とのことで家庭も最低で訪問もあまりできず、長男にはさびしい力をさせたし自分自身の不満も増えていきました。長男の時に2ヶ月幾分続いたつわりは二男の時はひどさはそこまでいかなかったも、お産飛び込みまで続いた記憶があります。それもウェイトを付け足しすぎてはいけない、という心的負担からだったかもしれません。
ウェイト増しを抑えた結果、二男が小柄だったこともあり確かにお産時は重宝でした。ただしその日私の後には2人のお産が控えていて、産後の処分が終わった以後から歩みを使い自室へただちに移動させられました。またいつまでも出血がおさまらず、元来胎盤が残っていた(確かですが)とのことで夕刻もっと出産室でその手当が行われました。但しこれがお産異常に痛みがひどくマジきつかっただ。
こんな大変な思いをしても直後もうお産を経験してあり、本当に輩は宝だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です