痩せる作法~青汁を使ったダイエットの考察~

タイトル①:結論、青汁「だけ」でダイエットはできない!

青汁ダイエットをはじめました!という言葉を聞いたことはありませんか?

ただし、青汁「だけ」ではダイエットはできない、というのが実態。

巷には間違ったダイエット知識があふれている。

ダイエットについて青汁ができる役割は、飽くまで「ダイエットのサポート」だ。

サポートとしては効果が期待できるものと言えます。

今回は、みんながやる青汁ダイエットの勘違いって、ダイエットに関するサポーとしてトの効果に対して、まとめていこうと思います。

タイトル②:ダイエットのポイントは、「脂肪燃焼」

ダイエットにあたって、多くの人が異なるのが、体重減少だけに着目しているという点だ。

たとえば、排便による体重の減少は臨時で、食べればまた元に戻りますし、勿論体脂肪が落ちたわけではないので、本来の意味のダイエットとは言えないでしょう。

直ちに数値で覗ける体重は、ダイエットにおいては到底一番に気になってしまうものですが、減っただけで喜ぶのは時期尚早だ。

最も大切なのは、体脂肪を燃焼させて燃やすこと。

運動を通じて消費するエネルギーという、食事にて摂取するエネルギーの大小を考えて体重を管理することが大切になってきます。

また、気を付けてほしいのは、一心に仰る「○○だけで脂肪が燃焼する」というのは、間違いであることがほとんどであるということです。

たとえば、カフェインも脂肪を燃焼する働きがあると言われている代表的な成分ですよね。

ただし、米国の国立衛生研究所の発表では「カフェインがエネルギーの消費量を上げるのは臨時で、摂取するだけでやせる、は無い」とあります。

また、ビタミンB群などのビタミン類や、カルシウムをはじめとするミネラルは、脂肪燃焼には必須だといわれています。

ただ、それらを服する「だけ」で、脂肪が燃焼するは大きな勘違いになります。

どんなものも、食べる「だけ」で痩せこける、脂肪を燃焼する、はあり得ないのです。

必要なのは、それらのものを摂取することと運動を合わせて行うということなのです。

ですから、青汁を脂肪燃焼のサポートとして摂取するということであれば、有効な方法と言えるでしょう。

タイトル③:「青汁ダイエット」が話題になるワケ

先にお話した通り、一般的に言われている「青汁ダイエット」には大きな勘違いがあることがわかりました。

但し、青汁にダイエット効果があるといわれるにはそれなりの理由があります。

多くの青汁においてある、ケールや明日葉、大麦若葉などには、他の野菜は比べ物にならないくらいに食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維には、腸の動きを活発にする働きがあり、スムーズな排泄を促していただける効果があるといわれています。

これが、青汁にダイエット効果があるといわれている所以でしょう。

排泄がスムーズになる結果、体重の減少が数値できちんと現れるので、痩せたって勘違いされるほうが多いようです。

これまでの内容を理解してくださった方であれば、ダイエットについて大事なのは脂肪の燃焼なので、これが本来の意味でのダイエットではない、ということがわかると思います。

タイトル④:青汁の役割はあくまで「サポート」

ダイエットに関して大切なのは、摂取カロリーって消費カロリーの大小だという話はしました。

但し、やみくもに摂取カロリーを燃やすことは良くありません。

やはり身近なダイエット法はシェイプアップで摂取カロリーを燃やす方法ですが、無理に食事量を燃やすことは体調不良を引き起こすケー。

また、無理なシェイプアップを通じて筋肉量が減って代謝が下がり、元の食事に戻した際に見つかるリバウンドも懸念されます。

身体のことを充分考えると、ダイエットするにあたって忘れてはいけないのは、必要な栄養素をちゃんと用いることです。

栄養素を摂ったうえで、運動などをすることで総カロリー量を低くして行くことが必要になります。
エマルジョンリムーバーを【50%OFF】最安値キャンペーン中♪
なので、総カロリー量を燃やすサポートを通じてくれるのが青汁であるといえます。

青汁は栄養価が厳しく、食物繊維も数多く含まれているので、シェイプアップの補助になるといえます。

ただ、一般的な入れ換え食のように、単純に青汁だけの食事にするのはやめましょう。

青汁の栄養価が厳しいことは間違いありませんが、1食分の栄養素が入っているわけではありませんので注意が必要になってきます。

このように、間違った知識があふれてある中で、どんなにふさわしい情報を手に入れ理解し、生活に加えることが必要です。

ダイエットにて体をこわしてしまうことがどうしてもないように、健康的なダイエットを心がけましょう。